忘れられない元カレとの復縁に成功した人の体験談

自分の年齢を気にしすぎてしまう

復縁ケーススタディ

彼から別れを切り出されるのはショックですが、彼が年下の場合はショックがより大きいもの。自分の年齢のせいでは、やっぱり若い子のほうがいいのかと余計なことを考えてしまいがちです。

 

もう、おばさんだし。
付き合い始めたときはお互いに20代でも、自分だけが30代になってしまった。彼はまだ20代。急に自分がおばさんに思えてくるものです。

 

付き合っているときでも、そう感じてしまうと、必要以上に相手のことを束縛したくなってしまいます。いいことはありません。

 

自分に自信がない女性のことを好きになる男性はいません。
自分のことを「おばさん」だと思っている女性を好きになる男性もいません

 

好きだったとしても嫌いになってしまうほどです。その結果が別れです。

 

自分の魅力に気づくことが復縁への一歩

年上であることに引け目を感じる必要はありません。
年齢をごまかして付き合っていたわけではない限り、年上のあなたが好きだったことに間違いはありません。

 

自分だけが年をとっているように感じてしまうことが間違いです。
彼も一緒に年齢を重ねているのです。

 

年齢を重ねることで、お互いにより魅力的になっていく部分もあります。
それを、自分自身が「おばさんだから」という言葉で否定してしまっては、相手に魅力は伝わりません。

 

年齢を気にする男性であれば、はじめから年上の女性とは付き合いません。
彼があなたのことを嫌いになったとすれば、年齢以外に原因があるはずです。

 

 

実際に、忘れられない年下のカレと復縁した事例がリンク先のサイトに掲載されています。参考にしてみてください。

7歳下の彼でしたが、2ヶ月で無事復縁でき、今ではお互いに何でも言い合える関係になりました。

 

7コ上と言う事もありどうしても子ども扱いしたり私はおばさんだからみたいな態度も良くなかったと思っています。「別れよう」と言われた時は、すごく泣きました。思い出すと今でも涙が出てきます。

「復縁をするときにこだわったこと」「現在の彼との関係」など続きは
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法